概要:

ムクティナートは、救いの神を表すネパール語です。 ムクティ=救済、ナート=神またはリーダーの意味があり、ヒンズー教徒にとって重要な聖地は4か所あります。これらの聖地を訪れた人は、これ以上礼拝をする必要はなく、死後天国に行けると信じられています。 ムクティ・ニルヴァーナ(涅槃)こそ、すべてのヒンドゥー教徒の熱烈な願いまたは夢です。 ヒンズー教徒は、この世界は「MAYA」(幻想)であり、初期の世界はより良いものであり、ムクティナートへの巡礼が彼らの人生の最大なる目標と信じています。 それ以来、ムクティナートと呼ばれました。 ヒンズー教徒はそれをムクティチェヘトラ(救いの場所)と呼んでいます。

ヴィシュヌはブリンダの治療によりシャリグラムに変わりました。 ヒンドゥー教は、ヴィシュヌ神がここでブリンダ(ジャランダールの妻)の呪いから救いを得たと信じています。 カグベニ(カリガンダキ川の土手)は、シャリグラムを見つけることができる唯一の場所で、ヒンズー教徒の巡礼者が訪れるべき重要な場所です。 この寺院は毎日開かれており、特にリシタルパニ、ラムナワミ、そしてビジェイダシャミの祭礼時は何千人もの巡礼者がこの聖地を訪れます。

地図:

日程:

旅程:巡礼ツアー 67 カトマンズ発着、最高高度3,800m

1日目:カトマンズ到着、パシュパティナート寺院訪問、カトマンズで一晩。

2日目:カトマンズからポカラまでドライブまたはフライト。フェワ湖でのボートで、ビンダバシャニ寺院、タルバラヒ寺院を訪れます。

3日目:ジョムソンで一晩ポカラからジョムソンに飛ぶ。

4日目:ムクティナートに車で向かい、ジョムソンに戻ります。

5日目:早朝ジョムソンからポカラへフライト着後、デヴィの滝、グプテシュワール洞窟、などポカラの観光。

6日目:ポカラからカトマンズまでドライブまたはフライト。

7日目:最終出発

ムクティナートの魅力:

ムクティナート寺院クンダ(聖なる池)

ムクティダラ(108スパウト)

シャミ・ナラヤンシャリグラム(アンモナイト化石)

カリガンダキ(聖なる川)

この旅行に関する詳細情報が必要な場合は、

sapkotajr@gmail.com

までお気軽にお問い合わせください。電話:00977- 9856032425

パンフレット閲覧、ダウンロード:

Download (PDF, 111KB)