ラルキヤピークは、マナスル・サーキット・トレックと組み合わせて登るのに非常に満足のいくピークです。マナスル、アンプルナス、ガネーシュヒマルなどの素晴らしい景色を眺めながら、かなり簡単に登ることができます。しかし、多くの場合、それがどのピークであるかについて混乱があり、グループはしばしば、Sano(小)ラーキヤ(5,807 m)として知られる補助的なピークへと急勾配で進みます。ベースキャンプは5,135 mのパスであるラーキヤラの近くにあります。サノ・ラルキャ・ピークは、このベースキャンプからは一日で登ることができます。しかし、トゥロ(大きな)ラルキャ・ピーク(6,216 m)に登るには、ハイ・キャンプの設営が必要です。トゥロ・ラーキヤピークに到達するには、サノ・ラルキヤピークより、長く続くや緩やかな雪の斜面を登ることです。登山家にとって最高の選択肢は、高いキャンプを作り、両方のピークを登頂することです。

Download (PDF, 53KB)