概要:

ネパールは内陸国であり、東部、西部と南部はインドと国境を接しています。カトマンズからはインドの各地への定期便があり、バスと列車を乗り継いでデリー、アグラ、ヴァナラシ、ゴワ、シッキム、ダージリン、シリグリへ向かうことができます。当社ではインドの主要な観光都市への旅行手配もお引き受けしています。

当社では、ネパール東部に位置するダージリン、シッキムへのご旅行をお勧めしています。この地域ではネパール語も通じ同じような文化を持ち合わせた地域です。

(左の写真はダージリンから眺めるカンチェン・ジュンガ)

日程:

シッキム/ネパールツアー

1日目:-デリーに到着
2日目:バグドラに飛びシルグリに向かいます
3 日目:ダージリンへ移動
4日目-タイガーヒルからのご来光観光と朝食後ヒマラヤ動物園やヒマラヤ登山研究所/テンジン岩などへの観光をします。
5日目:カリンポン
6日目:ガントク
7日目:ガントクの観光
8日目:ペマヤンテ(ペリングの僧院)
9日目:ケチョパリ湖、ユクショムを訪れ、ペリングに戻る
10日目:-ダージリン
11日目:シリグリ
12日目:ジャナクプール(ネパール)
13日目:-チトワン
14日目:サファリアクティビティチトワンで。
15日目:ポカラ
16日目:ポカラ観光。
17日目:カトマンズ
18日目:ナガルコット
19日目:カトマンズ
20日目:各自帰国の途へ

シッキム/北インドツアー-20日間

1日目:デリー到着
2日目:バグドラへ飛んでからシルグリーへドライブ
3日目:ダージリン
4日目:ダージリン観光
5日目:カリンポン
6日目:ガントク
7日目:ガントクの観光ツアー
8日目:ペマヤンステ(ペリング)
9日目:ユクソムのケチョパリ湖を訪れ、ペリングに戻る
10日目:ダージリン
11日目:バラナシ
12日目:バラナシ観光
13日目:アッラーバード
14日目:カジュラホ
15日目:アグラ
16日目:アグラの観光ツアー
17日目:ジャイプール
18日目:ジャイプール-観光
19日目:デリー
20日目:出発

シッキム&ダージリンヒマラヤツアー-8日間

1日目:カトマンズからバドラプールまで飛行機で行き、ガントクまで車で行きます
2日目:僧院とガンチクでの終日観光、ナムチでの宿泊
3日目:サムドラプツェ/チャーダム/ロックガーデンなどへのツアーでのナムチ観光
4日目:地元観光とガントクへのドライブ
5日目:美しいテミ茶園(西シッキム)を経由してペマヤンツェ修道院に向かいます
6日目:ダージリン観光に向かいます
7日目:タイガーヒルからの日の出の眺め、ヒマラヤ動物園とヒマラヤ登山研究所/テンジンロックなどを訪問
8日目:バグドグラに向かい、カトマンズまたはデリーに向かいます。または、カッカルビッタへ車で行き、ネパールに入ります。

 11泊12日間ネパール/ダージリン/シッキムツアー:

1日目:カトマンズに到着-ホテルに移動します
2日目:終日カトマンズ盆地観光
3日目:ビラトナガールへ飛んで、カッカルビィッタからシリグリ経由ダージリンまで車で行きます。
4日目:タイガーヒルからの日の出の眺め、ヒマラヤ動物園とヒマラヤ登山研究所/テンジン岩などを訪れます。ダージリンで宿泊
5日目:ナムチまでドライブ
6日目:サムドラプス/チャーダム/ロックガーデンなどへのツアーでナムチ観光
7日目:ガントクまでドライブ
8日目:シッキム・オーキッドサンクチュアリと修道院をご覧ください
9日目:バドラプール空港に行き、カトマンズに向かいます
10日目:ナガルコットに車で行きリゾートホテルに滞在
11日目:カトマンズに戻り、終日自由行動
12日目:次の目的地への出発

一口メモ:

歴史:シッキムは、300年以上にわたって南ギャル朝のチョギャルによって統治されていた独立した王国でした。シッキムの最後の統治者はパルデン・トゥンドップ・ナムギャルで、1975年4月26日、王国は22番目のインド共和国になり君主制は終了しました。
自然:州は重く森林に覆われ、野生生物、シャクナゲ、蘭と野生の花を多く見ることができます。総面積の約3分の1は森林で覆われており、ヒマラヤ山脈が横たわっています。この地域の生物多様性は、海抜250mから8586mの範囲で、世界で3番目に高いカンチェンジュンガ峰はシッキムにあります。
地理:シッキムはインドの北東部に位置しています。この土地の面積は7300平方キロメートルで、北と北東は中国のチベット自治区、南はブータン、南は西べンガル州、西はネパールに囲まれています。年間平均降雨量は約3250mmです。
人々:州の総人口は約600,000人で、主な住民はネパール人、ブティア人、レプチャ人です。シッキム語とネパール語は主要な現地語であり、英語が共通語です。仏教とヒンドゥー教が主要な宗教です。観光業も成長産業ですが、多くの人々の主な収入源は農業です。
入国手続き:インドのビザはシッキムに入国するために必要であり、各国のインド大使館および領事館から取得できます。申請書を提出するには、パスポートサイズの写真2枚が必要です。通常、ビザは6か月有効です。またシッキムに行くには、特別な許可証を取得する必要があります。
アクセス:バグドラ空港は、ガントクから124Kmの距離にある最も近い空港です。ネパールのバドラプルにある国内空港は、シッキムに到達する2番目に近い空港で、ガントクから146 Km離れています。アロマネパールトレックは航空券や、現地交通機関の手配をします。道路はすべて舗装されシッキムに到達しやすくなりました。

インドの元の丘の駅は、今日でも、丘の女王のそのよく得られた悲嘆に耐えています。訪問者は、有名なお茶が栽培されている緑豊かな斜面で目を楽しませながら、世界で最も有名な飲み物のカップを楽しむことができます。バザールは人々と農産物で賑やかになり、ゴージャスな壮大なカンチェンジュンガ(III –世界で最も高い山)がどこに行っても目を見張っています。
高度:2134m
面積:11.44平方キロメートル
人口:約200,000人。訪問するのに最適なシーズン:3月– 6月中旬&9月– 12月中旬。
アクセス:最寄りの空港–バグドグラ(90k.m.)、最寄りの駅–ニュージャルパイグリ(88km)。交通機関の要所となるシルグリからは、各方面へ道路で結ばれています。シリグリからはタクシーまたはバスで森林地帯と紅茶畑を2時間ドライブすると、ダージリンに到着します。

パンフレット閲覧・ダウンロード


Download (PDF, 170KB)