ネパールには首都カトマンズだけではなく、地方にも多くの個性ある都市があります。

ポカラ、カトマンズ、チトワン、ルンピニ、バンディプール、ゴルカ、パルパをご紹介いたします。



ポカラ

ネパールの主要な観光地であるポカラは、カトマンズから西に200 km、海抜830mに位置しています。これは世界で唯一、海抜8000メートル以上の高山をまじかに見ることができる場...

続きを読む

カトマンズ

概要:カトマンズ(ネパールの首都)は、海抜1400メートルの標高にあり、面積218平方マイルです。カトマンズの街の名前は、ダルバール広場にあるカスタマンダップ寺院にちなんで付け...

続きを読む

チトワン

チトワンはジャングルサファリ旅行の中では最高の場所です。アジアの最大の森林地域の1つであるチトワン国立公園には、珍しい一角サイ、数種のシカ、ナマケグマ、ヒョウ、野生などの野生生物が...

続きを読む

ルンビニ

ルンビニ(Lumbini、藍毘尼 लुम्बिनी)は、ネパールの南部タライ平原にある小さな村。仏教の開祖・釈迦(本名・サンスクリット語:ガウタマ・シッダールタ)の生まれた...

続きを読む

バンディプール

概要:カトマンズとポカラを結ぶドライブの途中に、ネワール族の町バンディプールは丘の上に町があります。原生林を登ると、中世の世界に戻ったようない町に到着します。ネパールの丘の他の...

続きを読む

ゴルカ

ゴルカ:カトマンズとポカラ(カトマンズから西に140km)の間にある丘の中腹の町は、標高1135メートルです。ゴルカはネパールの旧王室であるシャー家の先祖の故郷です...

続きを読む

パルパ

概要タンセンは、マガール王国の古い首都でもあるパルパ地区の首都です。 タンセンは、ポカラとルンビニの間にあるスリナガル丘陵南側の1350メートルに位置していますが、あま...

続きを読む