概要:

カトマンズとポカラを結ぶドライブの途中に、ネワール族の町バンディプールは丘の上に町があります。原生林を登ると、中世の世界に戻ったようない町に到着します。ネパールの丘の他の交易所は近代化へと歩んでいますが、バンディプールは昔からの文化を継承し、その面影を深く刻んでいます。寺院、神社、聖なる洞窟、無数の祭り、そして古いカトマンズの谷を思わせるネワール建築が今も残っています。この町は海抜1005メートルの高さで、ヒマラヤのパノラマを一望できます。

詳細については、sapkotajr@gmail.comまでメールでお問い合わせください。

バンディプールへのアクセス

ミニ・ギャラリー:

マナスル展望台

歩行者天国

中世の街並み