チトワンはジャングルサファリ旅行の中では最高の場所です。アジアの最大の森林地域の1つであるチトワン国立公園には、珍しい一角サイ、数種のシカ、ナマケグマ、ヒョウ、野生などの野生生物が生息しています。イノシシやワニそして350種以上の鳥、ベンガルトラなどを見ることができます。チトワンでは、野生動物の観察だけではなく、自然散策、カヌー旅行、地元の文化体験、ジャングル・トレッキング、ジャングルへのジープドライブなども楽しむことができます。カトマンズまたはポカラからチトワンへの5時間のドライブは、道路沿いにジャングルのある丘や川沿いのスリリングな景色に満ちています。

この国立公園の総面積は1973平方キロメートルで、1973年に設立されました。独特な風習と文化を持つタル族の人々が多く住み、1984年にユネスコがこの地域を世界遺産に登録されました。また、国立公園のごく一部のみが観光に使用されていることも強調する必要があります。土地の大部分、特に丘陵地は、人が入ることもなく、野生生物にとって天国とも言えるでしょう。ポカラまたはカトマンズから車で約5時間、カトマンズから30分のフライトで到着します。

Download (PDF, 60KB)