概要

タンセンは、マガール王国の古い首都でもあるパルパ地区の首都です。 タンセンは、ポカラとルンビニの間にあるスリナガル丘陵南側の1350メートルに位置していますが、あまり観光客には知られていません。この町の最大の魅力は、伝統を継承し続ける文化、フレンドリーな人々、素晴らしい山の景色、そして穏やかな雰囲気です。町の名前「タンセン」は、「北方開拓地」を意味するマガール語に由来しています。マガールは、独自の言語、文化、歴史を持つ民族の1つであり、この地域で最初の入植者であると考えられています。約600年前、ネパールはいくつかの小さな王国に分かれていました。この地域では、「マガラの12の地域」を意味する「バーラ・マガラット」として知られ、多くのマガール族がすんでいました。イスラム教徒がインドへ侵攻した時、多くの王と氏族が北の丘陵地帯に逃げました。15世紀後半に、彼らはヒマラヤ地域に入りました。彼らは地元の王を征服し、彼ら自身の州を設立しました。ルドラ・センによってタンセン(パルパ王朝)が始まり、息子のムクンダセン(1518 – 1553)の統治下で、パルパ王国は領土の拡大を遂げ、タンセンは首都になりました。パルパ王国は、東のコシ川、南のゴラクプール、西と北の今日のグルミとカスキ地区まで広がっていました。タンセンは、町のいくつかのポイントから、西のダウラギリから東のガネーシュヒマルまで、ヒマラヤ山脈の息をのむような景色を眺めることができます。ボウルの底の形をしたマディ盆地の朝霞は通常、午前中まで谷にかかっていますから、「ホワイトレイク」というあだ名がついています。タンセンの森に覆われた山頂のシュリーナガルダンダからは、ヒマラヤの景色を一望することができます。

パルパへのアクセス

タンセンとその周辺の主要な観光地:

  • アマルガンジガネーシュ寺院
  • シタール・パティ
  • タクサール
  • シュリーナガルの丘、(1525メートル)
  • ラニガット
  • ラムディ
  • リディ
  • ブライアブサン
  • サチャワティ湖

ギャラリー:

街の名所

古い町並み

展望台