概要:

ロイヤルトレックは、ポカラ渓谷の北にあるアンナプルナのfootに沿った低木のような道をたどる短いトレッキングの1つです。ロイヤルトレックは、1980年にチャールズ皇太子とその90人の側近がこのルートを探索したことから名付けられました。このロイヤルトレックは、この地域に住んでいる人々と文化の多様な組み合わせで有意義な文化体験の機会を提供します。ロイヤルトレッキングの旅は、美しい湖sideの町ポカラから始まり、美しいグルンの集落を通ります。トレッキング中は、雄弁に建てられた丘の中腹の棚田、雄大なアンナプルナ山脈、マチャプチャレ峰(魚の尾の意味)、マナスル峰などの素晴らしい景色を楽しむことができます。

地図:

日程:

1日目:カリカスタン(トラコット、約1480メートル)
ポカラ空港又は、レークサイドから出発点カシャリへ車で30分ドライブします。スンパダリーと呼ばれるブラフマンの村を通って、チテパニまで1時間半ほど穏やかな道が続き、20分程の平坦な川道を歩くと、プリンスチャールズヒルに到着します。わずか20マイル離れたところにある全人未踏の峰マチャプチャレ峰とアンナプルナ山群はあなたを魅了するでしょう。ポカラ盆地の景色は、天から地球を眺めているかのように見えます。また、この場所は自然美だけでなく歴史的な場所でも有名です。英国のチャールズ皇太子はここにトレッキングし、この丘で一晩キャンプしました。チテパニトレッキングからさらに1時間、デウマディ村を抜けてトラコットへ。トゥーラコットはチャールズ・ヒルよりも高く、この丘ではアンナプルナ山群とマナスル山群の絶景を楽しむことができます。また、この丘からの眺めは360度で、ポカラ渓谷の7つの湖を見ることができます。ここからの自然の魅力は歴史的な重要性であるだけでなく、別の興味深い点でもあり、昔の古い砦の遺跡がまだ残っています。地元のロッジで宿泊。

2日目:リピニ・バジャン(約1200メートル)
ルートは東側の尾根をたどり、午前中は散在するチェトリ村、ブラハミン村、グルン村を周りながらのトレッキングです。歩き続けると、左側にあるヒマラヤの景色と右側にあるベナス湖の景色に魅了されるでしょう。5時間歩いた後、ラムジュンとマナスルヒマルを目前にできるシャングルン丘にあるリピニ・バジャンに到着します。村の全景を楽しむ最高の日です。地元のロッジに宿泊します。

03日目:チサパニダンダ(約1540メートル)
朝食後、平坦で緩やかな上り坂を2時間歩いてラムコット・スクールへ、さらに、30分坂を下りてフラット・ランチ(昼食)まで歩きます。昼食後、ルートには上りが続きますが、最終的にはラクリバンジャンと呼ばれる道中の最高地点に到着します。この地域からは、イギリス軍とインド軍の両方に仕えるゴルカ兵を輩出しています。そのため、この地域は農業と貿易だけでなく、主なる収入は兵士からの送金があり、引退後は年金の恩恵も受けています。チサパニダンダからは、マチャプチャレ、アンナプルナ、ラムジュン、マナスルのヒマラヤ山脈が見えます。ここでも、ルパ・タル(湖)と周辺の村の景色は一見の価値があります。この日は大変ですが、丘の頂上からの素晴らしい景色です。ヒマラヤのパノラマと美しい田園地帯を見れば疲れが取れるでしょう。地元のロッジで宿泊します。

4日目:ポカラ(約930メートル)
これは最後の日で最後の素晴らしい場所です。だから、ヒマラヤの日の出に合わせましょう。朝、ヒマラヤから反射する赤い太陽からあなたの顔は赤くなります。素晴らしい景色を眺めながら朝食をお楽しみください。写真撮影後、西に向かって2時間ほど下り、平野の田んぼに到着します。その後、スンダリ・ダンダ(昼食)まで1時間30分歩きます。その後、ルパ湖を左手に、ベグナス湖を右手に眺めながら45分歩けば、ベグナス・バス停に合流します。そこから車で45分ドライブし、ポカラに戻ります。

このトレッキングのハイライト:
1)様々な風景。
2)間近に見えるヒマラヤ(-マナスル、アンナプルナ、ダウラギリ等)
3)各民族の違いがわかりやすい。(ブラーマン、チェトリ、グルンなど)
4)村々の文化の相違
5)ポカラ、レクナートにある多くの湖の自然景観
6)以前はアンナプルナ・スカイライントレッキングとして知られていたマイナーなルートでしたが、、1980年に英国王室チャールズ氏が訪問されロイヤルトレックと呼ばれ、有名になりました。

パンフレット閲覧、ダウンロード:

Download (PDF, 157KB)