概要:

このダウラギリは、ポカラから西北部、およびアンナプルナ地域のカリガンダキ渓谷西部にあります。この地域には、世界で7番目に高い山であるダウラギリ1世(8167m)があります。

ダウラギリのサーキットは、テント、食料持参となります。この旅程に必要な日数は、ポカラからポカラまでの18日間ですが、サイドトリップや悪天候を考慮して、数日分余裕を持つことをお勧めします。ルートは2つの高地を通過しますが、これは遠く離れた地域にあり、救援には時間を要します。高度順応と装備に関しては、特に注意する必要があります。トレッキングは、ミャグディ地区の中心地であるベニから始まります。
ミャグディは、マガール族の人々が多く住む最も東の地区の一つです。ダウラギリトレックは、ダウラギリ山地の南側を流れるミャグディ・コーラに沿っています。農業を営むダルバンとムリの村を通り抜けミュリを越えて、ミャグディ・コーラは北に曲がり、景色ははるかに険しくなり、人口もまばらになります。ツリーラインは、チョンバラアン氷河の端に位置するいわゆるイタリアのベースキャンプのすぐ下にあり、周りの丘のハイキングは高度順応の一日を過ごすのに理想的な場所です。

地図:

日程:

1日目:カトマンズ到着、空港でのレセプション、ホテルへの送迎。
2日目:カトマンズ渓谷で終日見学

3日目:ポカラへ飛んでベニへドライブ

4日目:ベニからバビヤチャウル(950m)

5 日目:バビヤチャウルからダラプニ(1700m)
6日目:ダラパニからムリ(1850 m)

7 日目:ムリからバガル(1850m)

8 日目:ボガラからドバン(2600m)
9日目:ドバンからチョリバン(3100m)
10日目:チョリバンからパカバン(3600m)
11日目:パコバンからチャンバダーン氷河&高度順化
12日目:チャンバダーン氷河ダウラギリベースキャンプ(4740m)
13日目:ダウラギリベースキャンプでの休息と順応
14日目:ダウラギリベースキャンプから隠れた谷まで5050 m
15日目:タパ峠(5258m)超えしヒドン・バレーからヤクカルカ(3700m)
16日目:ヤクカルカからマルファ(2670m)
17日目:マルファからレテ(2480m)
18日目:レテからタトパニ(1100m)
19日目:タトパニからゴレパニ( 2850m)
20日目:ゴラパニからガンドルック(プーンヒル往復を含む)
21日目:ガンドルックからナヤ・プルに行き、ポカラへは車で向かいます。
22日目:フェワ湖での観光とボート遊び
23日目:ポカラからカトマンズへ
24日目:カトマンズで終日自由行動
25日目:帰国の途へ

1日目:カトマンズに到着し、ホテルに移動します
2日目:カトマンズ渓谷の終日観光
3日目:カトマンズからポカラへ。
4日目:ポカラから5時間のベニへ車で移動し、バビヤチャウルでキャンプをします。
5日目:バビヤチャウルからダルバンへ
6日目:ダルバンからファライガウンへ
7日目:ファライ・ガオンからジュゲパニへ
8日目:ジュゲパニからバグハルへ
9日目:バグハルからドバンへ
10日目:ドバンからパハバンへ
11日目:パハバンからイタリアンキャンプへ
12日目:イタリアンキャンプからジャパニーズキャンプへ
13日目:ジャパニーズキャンプからダウラギリベースキャンプへのキャンプ
14日目:ダウラギリベースキャンプからヒドゥンバレー(フレンチ・パス 5360m)
15日目:ヒドゥンバレーからヤクハルカ(タパ・パス5290m)
16日目:ヤクハルカからマルファ(ティーハウスステイ)
17日目:マルファからジョムソンへ(ティーハウス滞在)
18日目:早朝ポカラに戻り、カトマンズに戻ります
19日目:カトマンズで終日自由行動

20日目:帰国の途へ

パンフレット閲覧・ダウンロード:

Download (PDF, 230KB)