概要:

ナムチェ・バザールはシェルパ族の故郷で、標高3000メートルを超える高地にある大きな村でチベット仏教の影響を受けた交易の場でもあり、エベレスト遠征登山やトレッキングの重要な位置を占めています。ナムチェ・バザールから少し移動するとヒマラヤの白峰が拡がり、荘厳な雰囲気が漂います。トレッキングの開始地点ルクラは、カトマンズから飛行機で25分の距離にあり、天候が良ければ、上空から民家までもくっきりと目にすることが出来ます。ナムチェ・バザールを中心としたトレッキングは10日ほどあれば、余裕を持って楽しむことができるでしょう。

地図:

日程:

1日目:カトマンズに到着

それは晴れた日にカトマンズに飛び込むパノラマスリルです。あなたの下に広がる雪を頂いた山頂の景色はほとんど興奮していて、長い間ずっとあなたと一緒にいる思い出に残る体験のチェーン全体を開始します。アロマネパールトレックの係員とドライバーが空港でお迎えし、ホテルまでご案内します。ホテルでは、行程について説明を致します。ホテルで一晩。
2日目:ルクラへ飛び、パクディングへトレッキング

ホテルのトランスファーからルクラ(2880m)への国内空港へのフライから、朝食をお取りください。ルクラの滑走路に着陸した後、チョモアにトレッキングします。トレイルは急勾配でクスム・カンガル川沿いに下り、吊り橋を渡ります。橋を渡ると、トレイルは登り、その後、ガーツへの尾根を回り込んではパクディンに到着します。丘にあるゴンパに登ると、高い峰を眺めることができます。またはさらにパクディンからドゥドゥ・コシ方面へのハイキングは小川を横切って川の上部にあるベンカル(2700 m)を越えるとタムセルクの素晴らしい展望が開けます。ローカルロッジでの昼食、夕食、宿泊。

3日目:パクディンから/ナムチェ・バザール[3450m]へトレッキング

ドゥドゥ・コシ川に沿って北へ進み、ジョルサレへ進みます。ここからサガルマタ(エベレスト)国立公園にはいり、2つの川、イムジャダンパ(イムジャコラ)とナンポツァンポ(ボーテコシ)の合流点からは、クンブ地方の主要な村であるナムチェ・バザールまで急な登りが続きます。(約2時間) 丘の中腹で、木々の隙間より、時々ヒマラヤの峰々が見え隠れします。ナムチェ・バザールでは晴れている場合、ローツェ・ヌプツェ・の長い南西面尾根が見えます。ナムチェ・バザールは、シェルパ族の故郷であり、毎週土曜日に市場が開かれる重要な交易の中心地です。新鮮な食材は低い村から運ばれ、シェルパによって購入されます。展示されている製品には、肉、穀物、野菜、シューズと装身具、手織りのエプロンとチベットブーツなどがあります。シェルパは、丘陵地帯のトレーダーや国境を越えたチベット人をホストしています。ナムチェ・バザールは、タムセルク(6648m)、コンデ(6187m)、クンビラ(5707m)に囲まれています。(徒歩5時間)。朝食、昼食、夕食、ロッジでの宿泊

4日目:ナムチェ・バザール

ナムチェはクンブの巨大な山頂に囲まれた2つの尾根の間に隠れており、ロッジ、喫茶店、レストラン、土産物店が豊富にあり、世界の辺地にありながらも、世界各地からのトレッカーの訪問という影響をうけて、設備が整い快適に過ごすことが出来ます。。有名な僧院があるタンボジェに向かう前に、高度順応を兼ねて休息するのに理想的な場所です。エドモンドヒラリーによって設立されたクンデ病院への訪問、またはアマダブラム、ヌプツェ、ローツェ、エベレストのサンセットビューのためにナムチェの上にあるエベレストビューホテルまで1時間の散歩は、高度順応を兼ねた散策となります。村のすぐ上にある国立公園センターと博物館からも素晴らしい景色が見えます。朝食、昼食、夕食、ロッジでの宿泊

5日目:タメへのトレック[3739M]

ナムチェからルートは西に曲がり、かつてチベットへの人気のある交易ルートであったボテコシバレーに向かうと、ルートはほぼ水平になります。この地域のチベット仏教文化浸透は明らかで、途中で多くのチョルテン(旗)とマニ石を目にします。一旦ボテ・コシに下り上ると、テン・カンボチェとコンデの素晴らしい景色が見えるタメに到着します。ここからは、北に向かうとチベットに通じるナンパラがあります。タメ・ゴンパは、渓谷を見下ろす村の上にあり、マニリンドゥ・フェスティバルの春のお祝いの場所です。朝食、昼食、夕食、ロッジでの宿泊

6日目:クムジュンへの旅[3786M]

誰も登ることが許されない神聖な山、美しいクンビラのふもとにあるクムジュンの村に登ります。絵のように美しい村で、町の最上部に独自のゴンパがあります。午後には、ヒラリー学校を訪問し、次に隣接するクンデ村を訪れ、ヒラリー・トラスト病院を訪問します。ロッジからは、タムセルク、カンテガ、アマダブラムの素晴らしい景色を眺めることができます。朝食、昼食、夕食、ロッジでの宿泊

7日目:モンジョへのトレッキング

この日は、ほとんどの部分は下りでモンジョ / パクディンにトレッキングします。

朝食、昼食、夕食、ロッジでの宿泊

08日目:ルクラへトレッキング

トレッキング最終日は、ドゥッドコシをたどってルクラに戻ります。山でのこの最後の夜は、シェルパのガイドとポーターとの送別会を開きます。ここでは、チャン(地元のビール-山で好きな飲み物)を試飲し、シェルパのダンスに参加して、思い出を振り返りましょう。朝食、昼食、夕食、ロッジでの宿泊

09日目:カトマンズへの飛行–ポカラ

ルクラからカトマンズへの早朝の便を利用し、乗り継いでポカラへのフライト(25分)でポカラに到着し、ホテルに移動します。昼食後、ディービスの滝/チベットの村を訪れ、フェワ湖でのボート遊びを楽しむこともできます。ホテルでの夕食と宿泊。
10日目:ポカラ滞在

フェワ湖でボートに乗ってポカラ観光デビの滝、グプテショウ洞窟、チベットの村、フェワ湖でのボート乗りなど、ポカラの観光。レイクサイドエリアで自由時間をお楽しみいただけます。
11日目:カトマンズに戻る

飛行機または専用車でカトマンズに帰り、自由行動
12
日目:帰国

帰国/次の目的地に戻ります。

パンフレット閲覧・ダウンロード:

 

Download (PDF, 113KB)