概要:

マナスルは 世界で8番目に高い山(8163m)で、アンナプルナ山脈の東に位置しています。マナスルの卓越した美しさとチベットとネパールの文化の豊かなブレンドは、最近観光客に開かれ、ネパールへの訪問者から人気をはくしています。このトレッキングには、マナスル保全のための特別なトレッキング許可が必要です。マナスル地方は人里離れた場所で、1991年以来トレッキング・ルートとして開放されました。マナスルサーキットは、トレッカーの数は少なく、まだティーハウストレッキングには発展していません。その反面、ここでは、多様で自然のままの生態系に覆われた山と谷があります。ブディ・ガンダキ地方上部の住民はヌリとして知られています。彼らの言語と服装は近隣のチベット人と非常に似ています。これらの地元のヒマラヤの人々は、チベットとの貿易を通じて生計を立てています。ヌプリからの山の景色は圧巻で、ラルケラ峠を越えるのは難関の1つです。ラルキヤ峠(5,100m)に至る最初の12日間は、ブディ​​ガンダキ川の険しい峡谷をたどり、マルシャンディ川沿いに登ります。このトレッキングでは、アンナプルナ地方とマナスル地方の両方を体験できます。

地図:

日程:

1日目:カトマンズに到着し、ホテルに移動します。
2日目:カトマンズ盆地の観光

3日目:バス/車/ジープでゴルカに出発、ゴルカの観光。
4日目:ダラパニ(1000m)– 6時間。
5日目:アルガート(500m)– 7時間。
6日目:キョロパニ(900m)– 7時間。
7日目:マチャ・ホラ(1000m)– 7時間。
8日目:ドバン(1200m)– 6時間。
9日目:ジャガット(1250m)– 6時間。
10日目:パンジング(1400m)– 6時間。
11日目:eng(2000m)– 6時間。
12日目:ラムチク(2750m)– 6時間。
13日目:サマガオン(3000m)– 7時間。
14日目:ラーキヤバザール(4000m)– 5時間。
15日目:ゲストハウス(4600m)– 3時間。
16日目:ブンチャング(3375m)ラルキヤラパス(5200m)– 8時間。
17日目:カルチェ(2750m)– 7時間。
18日目:バガルチャプ(2000M)– 7時間。
19日目:バフンダンダ
20日目。ベシサハル
21日目:ポカラ
22日目:サランコットからの日の出とポカラの市内観光。
23日目:カトマンズへフライト
24日目:カトマンズで終日自由行動
25日目:帰国の途へ

パンフレットの閲覧:

Download (PDF, 55KB)