概要:

ネパール政府は、野生生物保護区の他に、ドルパタンは、狩猟が許可されているに狩猟保護区となっています。1,325平方キロメートルの面積をカバーする保護区は、ダウランギリI(8167m)ネパール西部のルクム、バグルン、ミャグディの南側に位置しています。この地域の植生の特徴は、標高の低いよく発達した広葉樹混合林と、北部の乾燥気候の多くの植物種です。樹種には、モミ、マツ、カバノキ、シャクナゲ、ツガ、オーク、ジュニパー、トウヒが含まれます。ネパールの他の多くの保護区と同様に、山岳民族が住んでいるいくつかの村と、貿易と畜産で農業を副業とするチベット系の村が混在しています。保護区は、狩猟の価値が高い青い羊の主要な生息地の1つであり、ハンターの主なターゲットです。他の動物としては、ゴラル、カモシカ、ヒマラヤ・タール、ヒマラヤ・ツキノワグマ、キジ、ヤマウズラです。この地域の絶滅危惧種には、レッサーパンダとキジが含まれます。狩猟は、許可証が必要でと特定の季節のみ許可されます。狩猟許可証は、カトマンズの国立公園野生生物保護局によって発行されています。このようにしてドルパタンは、動物の数を増やすことができるため、登山家や野生生物愛好家にとって魅力的な目的地でもあります。ドルパタン近くのウッタガンガ川のほとりにあるヒンドゥー教の宗教的な場所であるドルバラハは、ファグネブロックにあります。毎年8月の「ジャナイ・プルニマ」の日に、ここで宗教的な祭礼が開催され、多くの地元の信者が参加します。バースからは、ダウラギリの壮大な眺めがご覧いただけます。

地図:

上記地図は一部未完成なることをご了承ください。

日程:

1日目:ネパールに到着し、カトマンズのホテルに移動します
2日目:カトマンズ盆地の1日観光
3日目:ポカラまで車又は飛行機で移動し、1泊します
4日目:ポカラから車でバグルンへ、さらに1 km離れたブルティバンまで車で移動(91 km)。
5日目:ブルティバン-ドワル・ペディ2400m。/ボバンビレッジ1730m
6日目:ボバン村– ドルパタン到着2860m
7日目:ドルパタン周辺サティバンへの1日ハイキング
8日目:ドルパタン-ジャルジャラ3430m
9日目:ジャルジャラ–マラエニ2600m
10日目:マラエニ–ムナ1880m経由タクム1665m
11日目:ダルバン1030m
12日目:ダルバン–紅と紅から車でポカラ830mまで。
13日目:フェワ湖でボート遊びとポカラを観光します。
14日目:ポカラ–カトマンズ(ドライブ/フライト)
15日目:カトマンズでの休息及び自由行動
16 日目:帰国

詳細については、お問い合わせください:sapkotajr@gmail.com

パンフレット閲覧・ダウンロード:

Download (PDF, 129KB)